トップページ


header2aa

即日振込キャッシング

50万円まで使い道は自由です。
スピード審査で即日振込みが可能です。(但し、午後2時迄の受付に限る。)
24時間ネットでお申込みを受付中

ご融資の事なら☆クレジットのニチデン☆

ご利用目的に応じたご融資サービスをご提供
クレジットのニチデンは、スピード審査で即日振込みが可能です

ひとりで悩んでいないで是非
クレジットのニチデンまでご相談下さい!

きっと明日が変わります。
あなたのお悩みお聞かせ下さい。

お電話FAXでもスムーズにご融資!
即日ご融資サービス(要審査)もご提供!




クレジットのニチデンは、スピード審査で即日振込みが可能です。

クレジットのニチデン お申込み・ご融資までの流れ

%e3%83%8b%e3%83%81%e3%83%87%e3%83%b3%e3%80%80%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%83%e3%82%b7%e3%83%b3%e3%82%b0

お申込みまでの流れ

STEP 1 お申込みボタンをクリック!!

STEP 2 個人情報取得に同意いただきます

STEP 3 申込みフォームに必要事項をご入力

STEP 4 送信ボタンで申込み完了です

ご融資までの流れ

STEP 1 お申込み内容の審査結果をスピーディにお伝えします

STEP 2 お客様ご指定の口座に振り込みますのでご来店は不要です

STEP 3 ご契約書を郵送しますので必要事項をご記入後返信ください

STEP 4 ご返済は当社指定の口座にお振り込みください

%e7%94%b3%e8%be%bc%e3%81%ae%e6%b5%81%e3%82%8c

☆クレジットのニチデン☆貸付条件

貸付条件です。

ご融資額:50万円迄(要審査)※担保・保証人は原則不要
ご融資対象者:会社員、自営業、パート・アルバイト
お利息:実質年率7.3%~17.52%
遅延損害金:年率20.00%
ご返済方法:5年以内(1ヶ月~60ヶ月)1~60回。元利定額リボルビング方式

☆クレジットのニチデン☆Q&A

みなさまからお寄せ頂いたご質問のうち、よくある質問とその回答をまとめました。

Q1私でも借入れできますか?
A1満20歳以上で会社員、自営業、パート・アルバイトなど定期的な収入のある方なら性別や国籍を問わずお申込み可能です。

Q2どうやって申込みするのですか?
A2インターネットなら24時間お申込み受付けております。お電話の場合は、お近くの支店をご利用ください。

Q3利息はいくらですか?
A3振込ローンは年率9.49~17.52%で設定させていただきます。
不動産担保ローンは年率7.3%~14.60%で設定させていただきます。

Q4どんな使い道がありますか?
A4ご利用目的はお客様のご自由です。急な出費や将来の計画など幅広いシーンでご活用ください。

Q5審査に必要な書類は?
A5振込ローンは運転免許証、健康保険証などの身分を証明するものをご用意ください。
不動産担保ローンは印鑑証明書と不動産登記簿謄本をご用意ください。
※平成22年6月18日の新法改正(施行)により、収入証明書(直近2ヶ月分)、自営業者は確定申告書一式(印判あるもの)等、が必ず必要になりました。【総量規制:年収の3分の1まで】

Q6申込んだら会社や自宅に電話がかかって来ますか?
A6審査結果についての当社からのご連絡は原則として担当者の個人名で行います。
プライバシーは厳守しますのでご安心ください。またメールでのご返信も可能です。

Q7保証人や担保が必要ですか?
A7原則不要です。ただし、保証人や担保をつけていただくことでお客様のご要望にお応えすることが可能な場合もございます。

Q8返済はどのようにすれば良いですか?
A8ご契約時に設定した返済日に毎月定額を当社指定の口座にご入金ください。また最寄りの支店にご持参いただいても結構です。

Q9上手な借り方、返し方は?
A9可能な限りお客様のご要望にお応えしたいと考えておりますが、何より無理のない返済計画が大切です。当社ではご契約時にお客様に最適なご融資・ご返済プランをご提案させていただきますので、安心してご相談ください。

Q10ヤミ金業者や悪質な金融業者にひっかかったら?
A10法外な利息や暴力的な取立て、執拗な脅迫の被害にあったら速やかに各都道府県貸金業協会の消費者相談窓口にご相談ください。当社ではご契約時にお客様に最適なご融資・ご返済プランをご提案させていただきますので、安心してご相談ください。




クレジットのニチデンは、スピード審査で即日振込みが可能です。

インターンとは

インターン(intern:医学研修生、実習生の意)、インターンシップ(internship:病院での研修、実地研修の意)(日本語ではこれらの区別があいまいになることもある)

・アメリカの医学教育におけるインターンシップ
・日本の医学教育で1946年から1968年まで行われていた臨床実地研修制度の通称(インターン制度)。
・就業体験制度としてのインターンシップ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加